2019年10月9日水曜日

HOSPA CAP 島牧PG大会報告

2019年10月6日(日)、毎年秋の恒例PG大会“HOSPAカップ㏌島牧”には道内外から13名が集まりました。
前日の練習日は雲が多く強めの北風コンディションでしたからフライトは叶わず、フライヤーたちは夕方までに三々五々集まってきました。

飛べなくても夜の懇親会はいつも通り深夜まで盛り上がるのです。数種類の鍋をつつきながら各エリアの情報交換やフライトの想い出話しに大きな花が咲き、笑顔と笑い声が絶えません。折しもTVではラグビーワールドカップ日本戦がLIVE中継され、歓声とガッツポーズに湧きました。

この元気の流れで6日のPG競技に移行したかったのですが、島牧エリアは青空が広がり日本海を望む明るい景色を見せてくれても肝心の風が北からのサイド風。この風向が夕方まで続きそうな予報に、残念ながら今年も競技はキャンセルせざるを得ませんでした。

天気が良いのに飛べないのは悔しいですから全員が1時間半移動し、連山が北風をブロックしてクラウドストリートを形成していたニセコエリアで、数時間のソアリングフライトを楽しめたのは幸いです。

また来年も同時期にPG大会を開催する予定です。空飛び大好きな皆さん、仲間を誘い奮って参加くださることを期待しています。



2019年9月11日水曜日

JHF上級タンデムパイロット検定会報告

 2019年9月3日4日、北海道での上級タンデム技能証検定会が青空の下で終了しました。

 今春、教員対象の検定会が関東で開催されてタンデム検定員が誕生して以降、各地に先駆けた北海道地区での開催となり、雪が降る前にという北国の自然環境に配慮したJHFの早々の開催決定には感謝しています。

 風コンディションを考えて選定した実技検定エリアは3か所でした。
 赤井川・ルスツ・ニセコの各関係クラブやスクールには、事前準備や練習日のエリア開放など受験者への様々な配慮に感謝します。
 道内外からの受験者は12名、JHFから派遣された検定員は本州以南から3名、北海道連盟からはサポートスタッフとしてボランティア3名を配置し、安全でスムーズな検定が出来るようそれぞれの立場で努力したと感じています。

 1日目のソロフライト(離陸・ローリング・連続360°2回・片翼折・ランディングアプローチと着陸制度など)とタンデム装備の点検はルスツエリア、緩斜面でのスラローム(フロントライズアップ・リバースライズアップ)と学科講習は赤井川エリアを使用し、風コンディションに合わせた1時間半の移動も余儀なくされました。
 実技では風が強かったり方向が変わったりと、受験者にとってはいつもより少し緊張を伴う内容だったかも知れませんが全員の試技が完了し、学科講習会は夜8時まで頑張って、この検定会に懸ける皆の意欲が感じられました。

 2日目は昨日の検定に合格した半数の受験者によってタンデムフライト検定が行われました。風の本流予報は北系で、いつテイクオフに対してフォローになるのかと気を揉み、弱く向きが変わるランディング場の風には気を集中したようですが、何とか昼頃まで弱いブローが味方してくれてギリギリでしたが全員の試技を終了できたのは幸運です。
 午後からは学科検定試験、その後の意見交換会では忌憚のない質問や意見が数多く交わされて、とても有意義な時間だったと感じます。

 合否は公平公正を期すため検定内容をJHFに持ち帰り、教員スクール事業委員会内で判断するようです。
 一人でも多くの方が合格することを願い、今後パラグライダーの安全・発展・普及に尽力くださることを期待しています。
 アウトドアスポーツの普及には、安全が最重要であることを再認識し、今検定会に関わった全ての方々に心から感謝します。

報告:木村政樹

グランドハンドリング

参加者

座学・学科検定

2019年7月31日水曜日

上級タンデムパイロット検定会の開催について

2019年9月3日(火)から5日(水)の3日間(5日は予備日)赤井川・ルスツ・ニセコエリアにて上級タンデム検定会を開催します。
集合場所は赤井川エリアとなっていますが、当日早朝に変更する可能性もあります。参加者は必ずHHPF連絡掲示板をご確認下さい。

内容の変更、訂正が出ましたらHHPF連絡掲示板に投稿します。
検定料の他にもエリア料、フライト経費などが別途で必要です。(参加者負担)


他の検定と違い事前に用意する書類がありますので、お早めにご確認下さい。
・お申込み先はJHFです。
・当日までに健康診断書なければ受験資格がありません。
・使用機材の指定もありますのでお忘れ、お間違いの無いようにご注意下さい。
・検査、検定は厳密に行われます。


■要項・提出書類

このサイトについて

● このサイトの情報が原因で事故やトラブルがあったとしても、当連盟は一切の責任は負いません。あくまで参考程度にし、自己の責任の範囲においてご利用下さい。
●このサイトは、HHPFの会員である個々のフライヤーが提供する情報を掲載している ものです。掲載希望、訂正等は管理人である組織運営委員会に直接ご連絡下さい。